豊胸施術の内容を比較

施術の内容で注目する「切るかどうか」というポイント

どのような点に着目して豊胸の施術を選ぶべきなのでしょうか。ここで注目するべきは、この豊胸術は皮膚切開するかどうか、という点です。豊胸術の中でも、シリコンバッグを入れるなどの方法でバストのサイズアップを図る場合には、皮膚を切開することになります。身体を傷つけるので切開した部分が赤くなったり、ぶつけた時のように腫れたりすることになります。こうして腫れたり痛んだりする状態が無くなるまでの時間をダウンタイムと言うのですが、大手術ほどダウンタイムは長くなります。ダウンタイムの期間中は退院したとしてもバストの状態を観察しなくてはならず、また何度か通院もしなくてはならないため、日常生活にもある程度の制限が加わってしまいます。そのため、切るかどうか、どの程度切るのかは豊胸術選びで重要な点なのです。

「どのくらいカップ数はアップするのか」という点も気にしよう

豊胸術を受ける理由としてメジャーなのが、女性らしいプロポーションを実現したい、という願望を叶えることでしょう。これまでボリュームが少し物足りなかった人であれば少しのサイズアップで十分ですが、思い切って大きくしたいという願望を抱えている方もいるはずです。実は、豊胸術はその方法によってサイズアップできる量に限りがあります。例えば、切らずに出来る豊胸術として人気なヒアルロン酸注入術はボリュームが欲しいところに少しずつ注入することが出来るので、バストの左右差を整えることが出来るのですが、注入できる量に限度があり、そのためアップするカップ数にも限度があります。自分がどのくらいバストサイズをアップさせたいのか、というビジョンを持って施術を選ぶことも大切です。