豊胸手術の技術の新しさを比較

アクアリスト注入豊胸手術

アクティブジェルの成分は約98p%の水分と約2%のポリアミノイドによる薬剤です。また体内注入後、拒絶反応がほとんどありません。そして3~5年かけて分解されゆっくりと減少し体内の免疫細胞により排出されます。このため、数年の間の効果しかないのです。持続触感はとても柔らかく体内に入っても自然な仕上がりになります。液体注入による豊胸手術なので患者さんの希望に沿ってポイントデザインが実現します。美しい理想のバストの出来上がりです。手術のための身体的負担もなく、抜糸や入院することもありません。術後の炎症や浸潤などの副作用もなく、乳がん検査時にも支障が出ません。また取り出したくなったらいつでも簡単に体外に排出することもできます。

人工乳腺(シリコン)バックによる豊胸手術

人工乳腺パックの外層は耐久性、安全性、伸縮性に優れています。内部のシリコン漏れをふさぎ体に優しい構造になっています。手術後の体内組織との炎症も抑えてくれます。内部のシリコンは乳腺の感触に極めて近く、自然な感触で体内にあっても違和感がほとんどありません。手術は入院の必要あまりなく、抜糸も必要ないでしょう。ハレや痛みもあまりなく、体への負担も軽く、理想の美しいバストが手に入ります。アクアリスト豊胸手術よりも持続効果が長いことも特色です。しかし体内埋め込み方式なので、不要になったら自然に排出されるわけではないので、摘出しなければなりません。そのため、術後は定期的な医療のケアが必要になることでしょう。